2020年7月の収支

パチスロ

2020年7月の収支をまとめました。

無駄打ちを無くすことと、設定狙いの精度を上げていくことを目標とした7月。

収支はどうだったのか?

2020年7月収支

収支

貯メダル +15894枚

現金   -141,000

稼働日数は25日。

 

収支内訳

  • 天井狙い(当日の天井狙い・リセット天井狙い・宵越し天井狙い含む

台数:22台

投資:50,000(3726枚)

回収:19,000(8950枚)

収支:-31,000(+5224枚)

貢献した機種:サラ番2

 

  • ゾーン狙い(印籠箱狙い・有利区間引継ぎ狙い・ボイス狙い含む

台数:3台

投資:13,000(1426枚)

回収:1499

収支:-13,000(+73枚)

貢献した機種:なし

 

  • 設定狙い

台数:59台

投資:227,000(12906枚)

回収:130,000(23503枚)

収支:-97,000(+10597枚)

貢献した機種:スーミラ・マイジャグ4・ハナビ

 

  • 機種別収支

【プラス収支機種】

ハナビ -4,000(+4831枚)

マイジャグ4 +53,500(-511枚)

バジ絆2 -20,000(+2579枚)

サラ番2 -17,000(+3441枚)

サラ番 +1246枚

スーミラ -3,000(+1397枚)

サンダーライトニング -8,000(+1427枚)

ミリゴ +10,000(+286枚)

クラセレ +672枚

黄門ちゃま喝 +439枚

ゴージャグ +17,500(-138枚)

モンキー4 -4,000(+553枚)

 

【マイナス収支機種】

マイジャグ3 -50,000(-744枚)

プレミアムビンゴ -13,000(-366枚)

ゴージャグ2 -10,000(-434枚)

ファンキー -10,000(-295枚)

北斗天昇 -1,000(-506枚)

アレックス -51,000(+2070枚)

バーサス -10,000

リゼロ -10,000(+20枚)

化物語2 -6,000

エウレカ3 -5,000(+197枚)

番長3 -175枚

ハナビ通 -46枚

まどマギ叛逆 -46枚

北斗新伝説 -3枚

 

マイナス収支機種を見てみるとジャグとアクロス機種が多い

・ジャグは狙い台の精度が悪い。

・アクロス機種は低設定と判断しての見切り速度が遅い。

この2点を改善しないと収支は上がらないと推測している。

8月は低設定を打つリスクをどれだけ減らせるかが鍵だと思っている。

低設定を打つ機会をどれだけ減らせるか。

これは設定狙いでのテーマだな。

 

 

にほんブログ村 スロットブログへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました