パチスロ稼動での自分ルール

パチスロ

パチスロで稼動するときに自分に課しているルールがあります。

養分時代(約18年ほど)にいったいどれぐらい負けてるのかわかりませんが、相当な金額を負けてきた私が期待値稼動に目覚めたのが2014年。

そのときから自分に課しているルールが何個かあります。

自分ルール3箇条

店舗に入ったらまずは店内を1周すること

養分時代はXXXが打ちたいからといった理由で店舗に行き、周りの状況すらろくに見ることもなく、サンドにお金を突っ込んでました。

⇒遠隔などを本気で疑ってた時期もありました。笑

店内に入ったら1周し全体を把握。

これを行うだけで冷静さを保つことができます。

 

打つ台の根拠を明確化する

好きな台だから打つ⇒負けてイライラする⇒ストレス発散でお金を使う

上記の負のループに陥り、お金が無くなり借金しそうになったことから、打つ台の根拠(理由)を決めて、根拠が弱ければ打たないといった選択が出来るようになりました。

打たなければお金は減らない。

打つならば納得して打って、負けるリスクを減らす。

お金はすごく大事です。

 

収支を必ずつける

養分時代は大勝したときのことはよく覚えているのですが、大敗したときの記憶はすぐに消してしまっていました。

何の機種をどの店舗で打って、何Gでやめたかといった今は当たり前に出来ることが、養分時代は出来てなかったんですよね。

収支をつけることによって、過去を振り返ることが出来るようになりました。

立ち回りの何が悪かったかを分析し、考え、次の行動に移していく。

収支をつけることによって習慣化されていき、養分から脱却できたのだと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました